映画でひとことレビュー

お勧め、面白かった映画を中心になるべくネタバレしないようにご紹介!

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


2014、アメリカ
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
キャスト マイケル・キートン、エドワード・ノートン、

あらすじ
落ちぶれた元ハリウッドスターは、再起を掛けブロードウェーに進出するが・・・。

感想
バードマンとタイトルにありますが、これは明らかにバットマンですよね。^^;

主演のマイケル・キートンは実際にバットマンを90年代に演じました。そして、その後、人気が低迷して落ちぶれて行ったという設定でしょうね。

独特な編集で映画と演劇をみてるような感覚になります。

一度、頂点に登りつめると、それを維持するのはすごく難しく、時間の流れとともに多くのものを失っていきます。

良く聞く話ですね。

主人公が追いつめられて精神状態が完全におかしい状態をバードマンを使ってうまく表現されてました。

後半からは、バードマンが実際に登場しますが、あの顔はラストのフリになってましたね。

くすくすと笑いがきました。

ブラックユーモアが楽しめます。

 

内容的には、普通と言う印象で、中には退屈な映画に見えるかもしれませんが、ラストの落ちが滑稽で素晴らしいので記事にしてみました。^^;

スポンサード リンク
2015/12/11