映画でひとことレビュー

お勧め、面白かった映画を中心になるべくネタバレしないようにご紹介!

最強のふたり


2011年、フランス
監督 エリック・トレダノ
キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー

あらすじ
失業給付金を目当てに就活の証明を得るために、ある介護人募集の面接を受けた男は雇用主に気に入られ?介護人となりました。

感想
こちらは、実話をもとに、フランス国内で大ヒットし、日本でも、フランス映画史上1位の興行収入を記録したそうです。

あまり宣伝してる感じはなかったので、口コミで広がっていったのかなと言う感じですが、納得の面白さでした。^^

首から下が麻痺していて、体の自由が効かない人の介護がテーマとなっていて、これだけだと、とても重たい内容に感じますが、コメディ仕立てとなっていて、とても観易い作品です。

笑ってしまって良いのだろうか?というような場面もあるけど、障害者を自然に健常者と変わらなく扱う介護人の設定がとても心が打たれ、ちょっと目線を変えれば、こんな面白い映画になるんだなぁと気づかされました。

実話と言うことで、実際の人物像については、わかりませんが、映画では、障害者ながら、知的で、めちゃめちゃ金持ちな白人と、一方、介護人は、スラムで育ったワイルドな黒人いう相反する二人を合わせて「最強の二人」とするあたりがとてもユーモアがあり良かったです。

素晴らしい作品でした。^^

スポンサード リンク
2013/4/16