映画でひとことレビュー

お勧め、面白かった映画を中心になるべくネタバレしないようにご紹介!

君の名は。


2016年、日本
監督 新海誠

あらすじ
東京で暮らす瀧と田舎で暮らす三葉はある日、突然、体が入れ替わる奇妙な体験をする。果たしてこれは夢か現実か・・。

感想
話題の映画、「君の名は。」を見てきました~。

興行収入が100億円突破と言うことで、これは、これまでの国内のアニメ映画ではジブリ以来の快挙だとか。

邦画全体の中でも凄いことみたいですよ。

ジブリのような大きなネームバリューがない中でのジブリ圏突入なので、かなりのインパクトがあることは間違いない!

これは見るしかないでしょ!

と言うことで映画館へ。w

 

今回の「君の名は。」は映像美や音楽、そしてストーリーとそれぞれに高い評価を得ているようですが、個人的には、音楽がとてもよかった。

4曲もの主題歌が作られ、映画としては珍しいことですが、映画は、冒頭、早々に一曲目から始まります。

これでまずやられました。撃沈です。

ええ声してますよ。w

この最初の曲から一気に映画の世界に引き込まれてしまうのです。

 

美しい映像に予想外のスケールの大きなストーリー、ちょっとコミカルなことも交えながら、見事な展開で進ん行きます。

前半と後半のギャップも魅力の一つではないでしょうかね?


これまでの新海監督の作品は、モヤモヤとした微妙な後味を残すことが多かったですが、「君の名は。」は、極めて清々しく終わり、しばらく余韻が楽しめる作品になってます。

 

ラストがすごく良いんですよ~。フリがものすごく効いてました。

(言いたいが我慢・・・^^;)

 

色々なテーマが見え隠れしていて、とにかく語りたくなる映画です。
心が揺さぶられる不思議な力強さがありました。

リピータ続出もわかる気がします。


10代、20代の若い人を中心に爆発的なヒットとなってますが、老若男女問わず、多くの人が共感できると思いますので、おっさんだからと言わず見るべきでしょう。

一見は、思春期の男女が繰り広げるSF恋愛ファンタジーですが、その裏には、大切なメッセージが込められているように思います。

アニメだからなんて言うのも論外!

このヒットの波には、乗った方が良いですぞ。

 

本当に素晴らしい作品に感謝したいと思います。

スポンサード リンク
2016/10/4